自転車部旅行班インタビュー

自転車部旅行班「~最果ての大地へ~」

 

運動部員の生の声をお届けする企画

VOICE東大運動部」。

 

第三弾は「運動会自転車部旅行班」です!

 

EDhfbzQWkAA-PIl 

 

そもそも・・・

 

「自転車部旅行班?それって部活なの?

いつも何してるの?

このような疑問を持つ方も多いかもしれません。

 

今回は謎多き運動部、自転車部旅行班について2年生部員、森本太郎さんに教えて頂きました。

S__87228445

自転車部旅行班について

まずは気になるところから・・・。

そもそも自転車部旅行班ってなにしてるんですか?

S__87228440

よろしくお願いします。

 

活動のメインは長期休暇中の自転車旅行(※合宿)です。大体一度の合宿で二週間くらいかけて日本各地や世界を巡るんですよ。基本的に全員参加の合宿の場所は国内で、希望者がいれば海外にも足を延ばすといった感じです。

 

 

楽しそうですね!イメージがつかみにくいのですが、合宿中はどんな生活なんですか?

 

基本的には

衣食住を自転車に乗せて運んでいる」って感じです(笑)

テントや何日か分の着替え、火器や食材を積み込んで、キャンプや自炊を繰り返しながら各地を巡っています。

S__87228456 

たくさんの荷物を積んで旅行中!

 

 S__87236614

映え!

 

衣食住ですか(笑)。わかりやすいですね。

自炊というと、どんなものをつくるんですか?

 

カレーやシチュー、炒めた食材に市販の合わせ調味料をかければできる中華料理などは良く作りますね。

大体うまくいくので・・・。

S__87228447

そうめんを作って食べている写真だそうです。量がすごい!

 

うまくいかないこともあるんですね(笑)

正直栄養を取っているだけ、という場合もありますね・・・(笑)

 

学期中は何をしているんですか?

学期中は週一回、代々木公園で軽い筋トレをするほかは、月に一二回関東近郊で自転車に乗っています。自転車に乗るトレーニングは、日帰りの場合もあれば一泊二日の場合もあるといった感じですかね。

いずれにしても週末の一日か、場合によっては二日しか活動はないので、学期中の拘束は少ないんです

兼サーしている部員も多くて、実は私もそうなんですよ!

 

おお!何をやっているんですか?

ブリティッシュロック研究会というサークルでバンド活動をやっています。ボーカルをやっているんですよ。同クラに誘われて入ったのですが、問題なく両立できています。

S__87228452

熱唱中の森本さん

 

多才ですね!

ありがとうございます。他にもバスケットボールのサークルやバドミントンのサークルに入っている部員もいますし、

意欲さえあれば兼サーも十分可能だと思います。

 

入部のきっかけ

さて、それでは次に入部のきっかけについて伺いたいと思います。

森本さんはどうして自転車部旅行班を選んだのですか?

 

「自転車で世界を一周する」という目標を達成するためです!正直一周の定義は自分で決めていい部分もあるのですが、私がやろうとしている世界一周はユーラシア大陸を横断して、北米に移り、北米を横断することによって横に一周つながる、と言った感じのものですね。部活はその準備段階だと考えています。

S__87228455

一目でわかる世界一周計画(ユーラシア編)

 

壮大な志ですね。これ載りますけど大丈夫ですか?(笑)

 

大丈夫です(笑)。3年が終わったら、休学して挑戦しようかな、と考えています。

それと、この夏休みにはその予行演習として部の仲間と中央アジアを横断します。8/20に日本を出て9/23までかけて中央アジアを横断する予定なんですよ。

 

S__87236621

中央アジア・・・?

 

 

地理にはあまり詳しくないのですが、中央アジアというとどのあたりですかね?

 

カザフスタンとキルギス、それとウズベキスタンですね。まずはカザフスタンのアルマトゥイという都市からスタートして、キルギスのイシク=クル湖というところまで行くんです。ここが景勝地で綺麗らしいんですよ。その後はビシュケクを経由して、タラスという都市を目指すんです。世界史をやっていた人なら、分かると思うんですがこのタラスは「タラス河畔の戦い」で有名ですね。その後は・・・。 (以下続く)

 

 

長くなるので割愛させていただきますが(森本さんごめんなさい。)非常に楽しそうに旅程を語っていただきました。

本記事がアップされた現在(9/6)、森本さんは上記の中央アジア横断に挑戦中で、下記の写真は森本さんから頂いた旅行中の写真の一部です。自転車部旅行班の公式Twitter(@tubt_nsr)にも旅行の様子が挙げられているので興味のある方はどうぞ!

 

S__87236619     S__87236616

 

S__87236617

どの写真も異国情緒たっぷりです!

 

森本さんの情熱が伝わってきてなんだかこちらまでワクワクしてきました。

応援しています!

 

奈良からローマまで

ではそもそもどうして「自転車で世界一周」を志すようになったのですか?

サイクリングを始めたのが中学2年生の頃で、高校の頃は数回国内を旅行しました。そこで日本一周はできてしまうことに気付いてしまって・・・。

 

気付いてしまったんですね(笑)。

気付いてしまったんです(笑)。そんな折、世界史の資料集で中央アジアに興味を持って、シルクロードを自転車で走破したい、と思ったのが原点です。諸説あると思うんですがシルクロードの東端ってちょうど日本の奈良じゃないですか?西端はローマなのでまずは「奈良からローマまで」走りたいと思ったんです。

 

 

なるほど・・・。そのあとはどうして世界一周まで広がったんですか?

スペインに叔母の家があるので、ローマに行くならスペインまで行きたいな、スペインまで行くとユーラシア縦断になるから、どうせなら北米を横断して世界一周をしたいな、という風にどんどん夢が膨らんでいきましたね。

 

その夢、大切にしてくださいね。応援しています。

 

自転車旅行の魅力について

 

クールダウンして次の質問に移りましょう!

森本さんの思う、自転車旅行の魅力は何ですか?

 

部員によって何を楽しみにしているのかは違うと思います。例えば山や湖などの景観を重視する部員、キャンプや自炊の楽しさを重視する部員、ご当地グルメや温泉を重視する部員、と言ったように本当に様々です。

私は歴史が好きなので、寺社仏閣などの歴史的建造物や、歴史的な土地を訪れることが大きな楽しみですね。

 

S__87228443 

ご当地グルメ①:シャシリク(中央アジア)

 

 S__87228442

ご当地グルメ②:カニ(北海道)

 

集団行動の中で価値観の対立が起こることはないんですか?

 

人によってやりたいことが違うことが、意見のすれ違うを招くことも正直たまにありますね。なので私がプランを組んだ時は、適宜フリー(※観光地などでの自由行動)を取ることによって、個人の価値観を尊重していました

 

 

自分の嗜好にあった楽しみ方ができるということですね。

参考までに今まで行った中でよかった場所を紹介してください!

 

景色が印象に残っているのは鳥海山(秋田)月山(山形)ですね。

あとは宍道湖(島根)。宍道湖は私の好きな小泉八雲という小説家の著作に出てくるので、実際に見ることができて良かったです。

S__87228444 

合宿で月山登頂!

 

行ってみたいです。歴史自然グルメ等々、色んな楽しみ方ができるのは本当に魅力的ですね。

 

受験生・新入生へ

 

最後に自転車部旅行班に興味を持って読んでくれている方々に向けて、一言お願いします!

 

自転車部旅行班では自分一人だけではできないようなことをすることができます。どこに行こうにも「自転車で行く」という選択肢がでてきますし世界の見え方も変わってきます。

みなさんと一緒に自転車旅行できる日が来ることを心から楽しみにしています!

S__87236615

 

ありがとうございました!

 

おわりに

森本さんのおかげで数ある部活の中でも異色の存在感を放つ「自転車部旅行班」の実態について、

お伝えできたのではないかと思います。

 

特に中央アジアの旅程を嬉しそうに語る森本さんの姿が印象的で、自転車旅行がいかに楽しいものであるのか、ということが伝わってきました。

知らない土地を、自分の足で、仲間と共に、冒険する。

S__87236610

 

そんな経験をしたい方は入部を検討してみてはいかがでしょうか!

森本さん、ありがとうございました。

 

さて次回はアメフト部です。お楽しみに!

(2019年9月7日 UP)