2020.7.29

ボウリング部インタビュー

ー頭脳と再現性のスポーツー

 

運動部員の生の声をお届けする企画「VOICE東大運動部」。

20弾はボウリング部です。

今回お話を伺ったのは、2年生ながら主将を務める北里春希さん

 

ボウリングに情熱を注ぐ北里さんに、競技や部の魅力をたっぷり伺いました!

 

差し替え用

北里さん。Zoomでお話を伺いました

 

競技としてのボウリング 

―よろしくお願いします。さっそくですが、ボウリングという競技について聞いていきます!レジャーとして幅広く人気のボウリングですが、競技となると違う点もあるのですか?

はい。レジャーのボウリングは、何人かでボールを投げて、狙ったところに投げるのは難しいけどピンを倒せたら皆で盛り上がれる、というのが楽しいですよね。

一方、スポーツとしてのボウリングは、点数を出して人と勝負しなくちゃいけないので、常にストライクを狙っていかないといけないんですよ。

そのためには、レーンにひいてあるオイルの分析が必要になってきます。

 

―オイルですか…!?詳しく教えて下さい!

ボウリング場のレーンには、機械であらかじめオイルが塗られているんです。オイルの塗り方は均一ではなくて、機械のプログラミングによって濃淡が変わります。

オイルの塗り方でボールの曲がり方も変わるので、それを予測しながらストライクを取れるラインを探っていくんです。

頭を使うのと、再現性を求められる競技だと思っています。

 

自身の画像

ボールを投げる北里さん

 

―頭を使うってカッコいいですね!では、分析は具体的にどのように行うのですか?

あらかじめ会場のオイルのパターン表が配られるので、それを見てある程度作戦を立てていきます。

試合当日には、実際に投げながら、ボールの曲がり方を見てオイルの濃淡を予測していきます。床の板目1枚単位で、立つ位置や投げる位置を調整していって、ストライクを取れるラインを探していくんです。試合開始後の3フレーム目くらいまでで良いラインを見つけるのを目標にしています。

 

パターン表1パターン表2

こちらがパターン表。濃淡が読み取れます

 

―そんなに緻密に分析をするんですね!

はい。一度「ここだ!」という良いラインが見つかったら、次も同じスピード、同じ回転で、狙ったところに投げ続けていく必要があります。ここでさっき言った「再現性」が重要になってきますね。

たくさん投げて、反復練習をしていくことで、コントロール力が鍛えられていきます!

 

 

北里さんとボウリング

―では、ここからは北里さんご自身のことを聞いていきます。まず、ボウリング部に入ったきっかけを教えて下さい!

僕は小学生の頃からボウリングを競技でやっていて、小中高と続けてきたので、大学でもやろうと思って入部しました。

 

―小学生の時から!それは珍しくないですか?

はい、大学から始める部員がほとんどですね。

僕の場合は、父がボウリング好きで、よく連れてってもらっていて。小学6年生の時に近くのボウリング場でレッスンを受けたのが、本格的に始めるきっかけになりました。

中高の時は学校にボウリング部は無かったので、大学では満を持して入部しました。

 

 高校時の写真

高校1年生の北里さん

 

―ボウリングに情熱を注いでいらっしゃいますね!ちなみに、大学から始める部員はどういう理由で入部する人が多いんでしょうか。

やっぱり、もともとレジャーのボウリングを楽しんでいる人や、新歓大会でボウリングを面白いなと思ってくれた人が入部してくれることが多いです。

大学から始めてもどんどん上達できる競技です。短期間で練習の成果が表れてくるので、モチベーションも続きやすいと思います!

 

―それはやる気も上がりますね!では、北里さんがボウリング部で特に印象に残っている経験はありますか?

去年の全日本大学選手権が思い出深いです。

この大会では6人+補欠1人のチーム制で試合が行われたのですが、この補欠の先輩が4年生の方だったんです。

4年生にとっては最後の大会なので、自分も投げたい気持ちがあったと思うのですが、予選、準決勝、決勝と、スコアを付けたり応援をして下さったりして、最後まで自分たちを支えてくれました

このことはとても励みになりました。すごく印象に残っています。

 

全大選手権

全日本大学選手権の様子。皆さん良い表情です!

 

―仲間と支え合いながら勝ちを目指しているのですね!

―北里さんは関東個人リーグや個人選抜選手権大会で優勝を果たしていますよね。優勝した時のお気持ちも伺いたいです!

優勝経験は、中高の時には全然してこなかったんです。なので、大学で部活に入って部員の皆と一緒に練習して、自分の実力を着実に上げて、優勝できるくらいまでになったのは、すごく嬉しかったですね。

 

東大ボウリング部の魅力

―全日本大学選手権といえば、東大ボウリング部は4位でしたよね。関東リーグでも2部優勝を飾っています。強いですよね!

はい!6人チームを揃えて、ちゃんと皆で記録を出せる大学はなかなかないです。

 

―なにか秘訣はあるのでしょうか?

大学からボウリングを始めたところから、試合で戦えるようになることが大事なのですが、ボウリング部は上下関係も厳しくなくて、下級生が上級生に質問をしやすい雰囲気があります。

上級生に質問をしたり、一緒に自主練習に行ったりするなかで、練習量が自然と多くなって、上手くなって行けるんだと思います。

 

―仲の良い部活なんですね!オフの日に会ったりもするんですか?

はい、同期の部員とご飯を食べに行ったり、一緒に練習に行ったりします。みんなが上達していくのを見て、すごいなあと嬉しくなった記憶があります。

 

試合時の写真

試合時の写真。緊張感が伝わります

 

―みんなでどんどん強くなっているんですね。

―そんなボウリング部のアピールポイントを教えて下さい!

普段ボウリングに行くと、3ゲーム投げただけで2,000円くらいしちゃいますよね。

でも、ボウリング部では、週2回の練習で500円なんです。1回の練習で6ゲームくらい投げるので、500円で12ゲームくらい投げられます!

 

―それはお得ですね!ボウリングを始めたい人にうってつけですね。

 

最後に

―では、今年の目標を教えて下さい!

部としての目標は、1部リーグで勝っていくことです。今年の秋季から1部に昇格するのですが、やはり1部は強い大学が多いです。でも、部員のアベレージ的には、ちゃんと戦っていけると思います。ボウリング部の団結力を活かして戦っていきたいです。

 

僕個人としては、新型コロナウイルスの影響で練習できていないので、コロナ前の感覚を取り戻すのを最優先にしていきます。そして、冬にある個人戦で決勝まで行って、優勝を目指していきたいです!

 

―頑張ってください!では最後に、新入生に一言お願いします!

ボウリングは、大学から始めるのにぴったりなスポーツだと思います。

もともとの身体や基礎体力がしっかりしていなきゃいけないような厳しいスポーツではありません。

大学から運動を始めたい人でも参加のできる、かなり門戸の広いスポーツです。この門をぜひくぐってもらえればな、と思います!

 

―ありがとうございました!

 

集合写真

ボウリング部の皆さん

 

競技ボウリングならではの魅力や、北里さんのボウリングに対する思いをたっぷり語っていただけました!

 

次回は水泳部水球陣です。お楽しみに!