ゴルフ部

創部年

東京大学運動会ゴルフ部は、1938年7月に「東京帝大ゴルフ倶楽部」として発足しました。 翌1939年には、東京帝大の原田盛治選手が、全日本学生、関東アマ、日本アマ、そして日本オープン(ローアマ)を制する活躍を見せます。 戦時中、学生ゴルフは政府によって規制を受けますが、東大ゴルフ部は戦後、1955年10月に「東京大学運動会ゴルフ部」として復活し、現在に至ります。

部員数

現在は男子41人、女子14人の合計55人です。

活動場所・曜日・時間帯

ゴルフ部の練習は、週3回(女子部も同様)です。 週2回(女子部も同様)のショット練習と週1回の基礎トレーニングがあります。 週末は、ゴルフ場でキャディのバイトをすることで、無料でコースを回ることができます。 基礎トレーニングは、水曜日の1限前に、駒場キャンパスのグラウンドで行なわれます。 ショット練習は、以下のうち都合の良い2回に参加することになります。

    • 東陽町練……月朝、金朝(7時〜8時)

メトログリーン東陽町にて(最寄り駅:東西線東陽町駅)

    • 碑文谷練……火朝、木朝(6時半~8時)、火夕、木夕(19時~21時)

スイング碑文谷にて(最寄り駅:東急東横線都立大学駅)

    • 調布練……月夕(19時〜22時)

東宝調布スポーツパークにて(最寄り駅:京王線西調布駅) また、契約ゴルフ場にて、バイト時にコースを回ることができます。

競技の特徴・アピールポイント

ゴルフというスポーツはその競技形式の特性から個人スポーツというイメージが強いと思います。ボールのライやカップまでの距離、風、グリーンの形状など状況を正しく判断し、最適なスイングを選択し、実行する。これら全てを自分一人で行わなくてはいけません。プレー中は共に戦うチームメイトも指示を出してくれる監督もいません。 プロスポーツとしてのゴルフの大会もライダーカップやプレジデンツカップなど一部の特殊な大会を除いて、全て個人戦となります。しかし、カレッジスポーツとして最も重要な大会であり、春と秋に開催されるリーグ戦は、大学対抗の団体戦で行われます。 部を代表して、大学の名を背負って戦うリーグ戦では、他の大会とは異なり、独特の空気感のなかでプレーすることになります。一打一打にかかるプレッシャーは個人戦のそれをはるかに凌駕します。 しかし、仲間と共に戦う団体戦では喜びも悔しさも何倍にも大きくなります。大学でゴルフをやっていなければ、他人のプレーにこれほど一喜一憂することも、自分のプレーで誰かを一喜一憂させることもなかったと思います。

その他

ゴルフ部のHP http://todaigolfteam.web.fc2.com/index.html

ゴルフ部の部員日記 http://blog.livedoor.jp/g_tokyo/

ゴルフ部のtwiiterアカウント https://twitter.com/todaigolfteam

ゴルフ部のfacebookアカウント https://www.facebook.com/todaigolfteam/

ニュース等

ゴルフ部:平成29年度秋季リーグ戦優勝、Cブロック昇格決定!

8月29日(火)、30日(水)に、富士カントリークラブにて平成29年度関東大学秋季Dブロック対抗戦が行われました。   結果は……   見事優勝!!よって、Cブロック昇格が決まりま・・・続きを読む

(2017年9月3日 UP)


ゴルフ部 双青戦

6/24(土)に滋賀ゴルフクラブにて双青戦が行われます。 東大ゴルフ部からは8名の選手が出場します。 試合結果や写真なども公開する予定です。

(2017年7月10日 UP)


ゴルフ部:平成29年度双青戦結果報告

6月24日(土)に、滋賀ゴルフクラブで双青戦が行われました。 出場選手は各校8人で、ダブルス4組のマッチプレーで勝負を決めました。   (マッチプレー:1ホールごとにスコアの多寡で勝敗を決め・・・続きを読む

(2017年6月27日 UP)