【第5節】2016/11/5専修大学戦

senshu

【秋季リーグ戦】

2016/11/5 13:30KO

vs専修大学

 

        1Q  2Q  3Q  4Q  計  TB
ウォリアーズ   7   7   7   0       21        6
専修大學               0          14           0       7       21        3   
【試合経過】(by ファンクラブ)
QTE
 
【1Q】
東大オフェンスから試合開始、RB#21関野(4年)が38ydを快走し敵陣へと攻め込むも、ファンブルにより攻守交替となります。
続く東大ディフェンスではDB#25甲斐(4年)が見事なインターセプト!すぐさま攻撃権を奪い返し再びオフェンスとなりますが、後が続かずパントとなります。
攻守交替して東大ディフェンス、3rdダウンまで追い込むとDL#91伊澤(2年)がその長身を生かした力強いプレーで7ydサック!専修は4thダウンでパントを選択します。
そろそろ得点がほしいオフェンス、RB#21関野が中央突破でフレッシュを獲得すると、さらにQB#14荒川(4年)からWR #19野金(4年)へとパスがヒット!野金の力強い走りにより34ydをゲインします。
そして最後はこの男、ショートパスをキャッチしたRB#33宮山(4年)が専修ディフェンスのタックルを物ともしない堂々とした走りで先制のタッチダウン!
K#29上野山(2年)によるキックも決まり、7-0とリードします。
東大ディフェンスではLB#55藤本(3年)、LB#44勝(3年)がナイスタックルを見せると、続くプレーではDL#52加藤(2年)が力強いヒットでロスを割り込み見事にノーゲインに抑えます。
 
【2Q】
堅実なディフェンスでパントへと追い込み攻守交替するも、オフェンスがボールをファンブル、攻撃権は専修へと移ります。
厳しい位置からのディフェンスでは1stプレーでDB#2村本(4年)、DB#25甲斐がナイスタックルを見せます。さらにLB#41宮崎(4年)が見事な反応でショートパスをロスタックル!
しかし続くプレーで立て続けにゲインを許しゴール前まで進まれると、最後は専修のパスが決まりタッチダウン、7-7の同点に追いつかれます。
嫌な流れを断ち切りたいところですが、ここで魅せるのがエース#33宮山!今秋3本目となるキックオフリターンタッチダウンによりすぐさま7点を返し、14-7と勝ち越しに成功します。
流れに乗った東大ディフェンスはDB#20鎌形(3年)がロスタックル!3&アウトで攻守交替となるも後が続かず、再びディフェンスとなります。
DB#2村本、LB#44勝、LB#55藤本らのナイスタックルにより幾度も3rdダウンまで追い込みますが、そのたび惜しくもフレッシュを許し自陣へと攻め込まれてしまいます。
さらに専修のパスが要所でヒットしタッチダウン、14-14と同点に追いつかれ勝負は後半へ。
 
【3Q】
東大のキックオフは、LB#41宮崎のタックルが決まり、幸先の良いスタート。
後半戦最初のディフェンス、専修のランにじりじりと進まれますが、ファンブルに助けられ攻守交替となります。
続く東大オフェンス。2プレー目、RB#33宮山が力強いランで前進すると、続いてTE#81岸本(4年)へのパスが成功!RB#28荒井(2年)も負けじと華麗なランで魅せますが、後が続かずパントを選択します。
我慢の展開が続く中、東大ディフェンス2プレー目でビックプレーがさく裂!DB#25甲斐が短いパスをインターセプト!一気にモメンタムを手繰り寄せます。
DB#25甲斐の好守により敵陣9ydからの攻撃となったオフェンス。3rdダウンでQB#14荒川からTE#81岸本へのフェイクパスが成功してタッチダウン!待望の追加点により21-14とリードを広げます。
3Q終了間際のキックオフ、K#6児玉(1年)が新人とは思えない特大キックを放ち、タッチバックとなったところで、試合は最終クオーターへ。
 
【4Q】
東大ディフェンス1stプレー、DL#91伊澤やDB#25甲斐の好守が光ります。大事な3rdダウンは全員でナイスカバー。専修オフェンスを封じます。
オフェンスが厳しいフィールドポジションに苦しむ中、LB#48渡辺(4年)が鋭いロスタックルを見せるなど、続くディフェンスも3&アウトで完封。
好守に応えたい東大オフェンス。RB#33宮山・RB#28荒井ペアの自由自在なランで確実に前進し、ようやく敵陣侵入か……と思いきやここで悔しいインターセプト。東大陣11ydまで返され、攻守交替となります。
試合残り時間少ない中、再び回ってきた東大ディフェンス。1stプレーDB#2村本が外のランをタックル、DL#99岡崎(3年)を始めDL陣も激しいプレッシャーをかけますが、4thダウンでついに専修のパスが成功。21-21の同点とされ追いつかれます。そのまま両者一歩も譲らず、4Q終了。勝負はタイブレークで決することに。
 
【TB】
両主将のコイントスの結果、東大は守備から。後が無い専修大学は果敢なパス攻撃で攻め、FGをきっちりと決めます。
3点先制された状態で迎えた東大オフェンス。1stプレー、2ndプレーと不発に終わり、迎えた3rdダウン。ここでチームを救ったのは、やはり頼れる男、RB#33宮山!執念のランでフレッシュをもぎ取ります。
ゴールまで14ydというところ、宮山に意識の集中している専修ディフェンスの意表を突き、ボールを託されたRB#28荒井が一線を越えると、そのまま鮮やかにタッチダウン!激戦を制し、待望の5つ目の白星を勝ち取りました。
UNQTE​

(2016年12月11日 UP)